【体験談】吸水ショーツの履き心地

female

前回投稿した記事では、
femtechがらみで吸水ショーツのブランドを
いくつか紹介しました。

数あるブランドの中から
私はPeriod.の吸水ショーツを購入し
先日着用してみたので、レビューしてみます。

購入した吸水ショーツ

2タイプのショーツを購入

装飾がなくシンプルなスポーツタイプと
腰回りのレースが特徴的なヒップハガータイプ
の2種類のショーツを購入しました。

どちらもカラーはブラックでサイズはMです。
※私の購入時はカラーもサイズも1種類でした

ダンボールなどでの梱包はされておらず
メール便でコンパクトに送られてきました。

見ためは通常ショーツと変わらない

見た感じでは吸水ショーツだとわからないほど自然なショーツ。
質感はさらっとした感触。水着生地の質感に近いかな?

経血を吸収するくらいだから、
オムツみたいな厚みがあったらどうしようと
少し不安な気持ちもありましたが、杞憂でした。

Hiphuggerタイプ

こちらはHiphuggerタイプ。
腰回りのレースは過剰すぎずに程よい主張。
手持ちのブラにも合わせやすかったです。

Sportタイプ

Sportタイプはよりシンプル。
私は毎朝軽くワークアウトしているのですが、
いつも通り快適に身体を動かすことができました。

タグなし印字仕様

個人的に好印象だったのが、
素材や洗濯方法についての表記が
タグではなく生地に直接印字されていたこと。

タグが肌に触らないようにという
やさしい配慮が感じられます。

余談ですが、この夏大変お世話になった
ユニクロのドライEXのTシャツも
生地に直接印字の仕様で、「おお!」となりました。

履き心地はどうなのか

さて、履き心地の方はと言いますと…。

ショーツ自体はいつも履いている下着と比べても
特に違和感はなく快適な履き心地でした。
確かにこれなら日常づかいもできそうです。

補足すると、
生理の2日目と3日目はナプキンを併用し
1日目、4,5日目はナプキンなしで過ごしました。

もちろん、生理特有の
「あ、いま経血が出てるなー」
という感覚はあるのですが、
しっかりショーツに吸水されているので
「うわ、ずっと血が肌についている…」
みたいな感覚はなかったです。

出て、吸水されて、以上!
という感じです。(伝わりますかね…?)

ドロッとした血の塊?は吸水されずに残るので
トイレに行った際にトイレットペーパーで拭きとります。

使用後のお手入れ方法

使用後は水で軽くすすいで洗濯機へGO!
重曹や特別な物を使わなくていいので楽々です。

ただし、製品の機能保持のため柔軟剤や漂白剤は
使用しない方がいいそうです。

洗濯後、晴れている日であれば1日で乾きます。
乾きレベルでいうと秋用の中厚手のトップスと同じくらいかな。

最後に

生理期間中の2日間はナプキンと併用したわけですが、
ナプキン利用のみの時と比較すると
ナプキンの使用量が半分以下になりました。

正直、今までは生理終わりかけの時の
「これは経血と言っていいのだろうか…」みたいな
最後の残血がわずかに出るときもナプキン装着していたのですが
吸水ショーツがあればそんなギリギリの戦いをせずに済みます。

ショーツ代としては一般的なショーツに比べるとお高いですが
コスパはかなりいいのではないでしょうか。

月経カップも使ってみるとやめられない(?)そうなので
いつかデビューし、吸水ショーツとの二足の草鞋を履きたいです。

※月経カップの体験談は以下にまとめました。