【たったこれだけ】実際に購入したマタニティ用品~アパレル編~

妊娠・出産

妊娠して、「マタニティ用品もいろいろと準備しなきゃな~♪」と高まる気持ちもあるかと思いますが、ちょっと待ってください。そのマタニティ用品、本当に必要ですか?

「購入したは良いけれど、結局ほとんど使わなかった。。」

「マタニティ用品を買わなくとも、手持ちの服で代用できた。。」

と、後悔しないためにも、購入前に必要かどうか考えてみましょう。

【私の場合】欲しくないものは買いたくない

「欲しくないものは買いたくない」って、「そりゃそうだろ!」と突っ込まれそうですが。。

でも、本当にそうなんです。笑

マタニティのアパレル用品って、母性に満ち溢れていて誰も傷つけないようなデザインが多く、欲しいと思うものがありませんでした。(あの「私、妊婦ですよ」感の激しいデザインの服をどうしても着れなかった)

たまに洗練されたデザインのものを見つけても、値段が異常に高く、「これなら好きなブランドの服を買った方がいいわ」と思ってしまいます。

旦那には、「今だけ着る服だと割り切って買ったら?」と言われましたが、今後絶対に着ないであろう服をわざわざ買うのは癪だったので、なんとか手持ちの服で乗り切れないだろうかと考えるようになりました。

実際に購入したものは3点

どうしても必要になったり、これなら妊娠後も使いたいと思ったりして、実際に購入したものは次の3点です。

【UNIQLO】マタニティウルトラストレッチジーンズ

ユニクロのマタニティ用ジーンズです。

こちらは、妊娠7ヶ月以降のお腹が出てきた時に大活躍しました。
妊娠前から着ていたオーバーサイズめのトップスとあわせることで、妊婦感をまったく出さないコーディネートを実現できます。

デニム部分もストレッチするので履きやすく、すっきりとしたシルエットになり、おすすめです。

【3COINS】マタニティタイツ

妊娠前に履いていたストッキングではお腹が苦しくなってきたタイミングで購入したのがこちら。

1着300円なので、気軽に購入できるのが嬉しいですね。

マタニティタイツがあれば、手持ちのワンピースをそのまま着ることができるので、数着あると便利です。

3COINSのマタニティタイツの履き心地ですが、着圧感はあまり感じられませんでした。全体的にゆるっとしているので、お腹以外の足部分にフィット感を求める方は、違うメーカーのものを選ぶのがいいかと思います。

【SALON by PEACH JOHN】レーシィパデットキャミトップ

こちら、セルフでマタニティフォトを撮る際にも大人気の「SALON by PEACH JOHN」のブラレットです。(Instagramの中の方たちがこぞって着ています)

シンプルで洗練されたデザインなので、マタニティブラとしてだけではなく、授乳ブラや普段使いのブラとしても活用できそうだと思い、購入しました。

もちろん「SALON by PEACH JOHN」以外にも、おしゃれなブラレットを取り扱っているランジェリーショップはたくさんあります。ブラレットは全体的にゆったりとしたシルエットで、マタニティブラや授乳ブラとして代用できるので、自分のお気に入りのブラレットを探してみるのもありですね。

※少しお値段はしますが、ランジェリーコンセプトショップ「il Felino. / イルフェリーノ」では、かわいいブラレットがたくさんあります。

【番外編】犬印の妊婦帯

妊娠5ヶ月ごろに、お義母さんが贈ってくださった腹巻タイプの妊婦帯。

いただいた当初になんとなくつけてみたのですが、正直、その時期はあまり必要性を感じませんでした。そのままクローゼットにしまいこみ、妊婦帯の存在をしばらく忘れたまま妊娠後期に突入。

妊娠後期になると、さすがにお腹がでてきて、たくさん歩くと腰がとにかく痛い、、!お腹を手で抱えるようにするといくらか楽になったので、そうしながら歩くことも。(はたからみたら変な人に見えていたでしょう。。)

「うまくお腹を支えられたらなー。ん?そういえば妊婦帯があったな。あれってお腹を支える用途のものだよな?」

妊婦帯でお腹を固定して、ガンガン歩いてみたのですが、なんということでしょう。

まったく腰が痛くない!!!

本当にこれは感動しました。つけているのといないのとでは雲泥の差。もっと早くから付ければよかった。

、、というように、非常に実用的なマタニティ用品もあるので、自分に何が必要かをよく見極めた上で、お買い物を楽しんでくださいな。ちゃんちゃん。