妊娠してからの身体の変化

妊娠・出産

妊娠がわかると、驚きや嬉しさ、不安など様々な感情がこみあげてくると思います。

特に初めての妊娠だと、これから自分の身体はどのように変化していくのか、想像がつきませんよね。(私もそうでした。いつどのくらいお腹が大きくなるのか、何が必要なのかetc…)

身体の変化は本当に人それぞれかと思いますが、私の場合の変化をご紹介します。

~妊娠3ヶ月

私の場合は、つわりや味覚の変化などが全くありませんでした。

妊娠して食べられなくなったものや逆に無性に食べたいものなどもなく、妊娠前と特に変わらない生活を送っていました。

妊娠3ヶ月頃までは、身体や体調の変化は感じられませんでした。

妊娠4ヶ月

お腹も大きくならず、体重の変化も特にありません。

ただ、貧血のような症状はたまに現れていました。

30分以上、何もせずにずっと立っているような状況だと、目の前がだんだん真っ暗になってきてくらくらとしてきます。(電車が事故の影響で大幅に遅れて立ちっぱなしのときはつらかったです。途中の駅で下車しました)

妊娠5ヶ月

相変わらず体重は変わりません。つわりがないので、妊娠前と全く変わらない重さです。

こころなしか、なんとなーくお腹が大きくなってきた感じはあります。(妊娠18週)

また、胎動のようなものもこのころ感じられるように。
ただ、「これはお腹がぐるぐる消化活動をしているのか胎動なのか、、?」と、あまり自信をもって胎動とは言えないような弱弱しい胎動です。

妊娠6ヶ月

やっとお腹が大きくなってきたことが実感できるようになってきました。(妊娠21週)

このころになると、着る服によってはお腹が大きいことに気づく人も。ただし、言われないとわからない人が大半のようでした。

ショックだったのは、脇のしわ?の部分が妊娠前よりも黒ずんでいることにふと気付いたときです。あれ?黒い、、よね?とある日気がつきました。

また、乳輪も若干大きくなっている気がします。色も黒いような、、。

黒ずみ系は、出産後に自然と元に戻るとは言われていますが、やはり目の当たりにすると、ショックですね。

妊娠7ヶ月

お風呂からあがり、身体にオイルを塗っているときのこと。

「、、!?乳首から何か出ている?!」

乳首の乳腺部分?から、じんわりと少量の液体のようなものが出ていることに気がつきました。初めは母乳が出たのかと思いびっくりしましたが、どうやらこれは分泌液のようで、身体が母乳を出すための準備をしているとのことでした。早い人だとこのくらいの時期から出る人もいるのだとか。

色が黄色っぽかったので、初乳が出てしまったのかと焦りました。(妊娠24週)

妊娠7ヶ月のころは、少し食事をしただけですぐにお腹がいっぱいになることが多かったです。お腹は空いているはずなのに、なんとももどかしい気分と言いますか、、(妊娠27週)

妊娠8ヶ月

この時期は急激にお腹が大きくなりました。また、その影響かどうかわかりませんが、お腹が痛い(張る?)のが続いたことがあり、心配になりました。妊娠してから、お腹が痛くなったことがなかったので、尚更です。

心配で病院に行きましたが、特に異常はなく、張り止めの薬を処方されたのみでした。

薬を何回か飲むうちに、自然とお腹が痛くなることはなくなりました。(なんだったんだろう?)

妊娠9ヶ月

胎動の激しい日が続きます。特に寝ているときに鋭利なキックをかましてくるので、けっこうくらいますね。(妊娠32週)

歩くとすぐに腰が痛くなります。

しかし、妊婦帯を付けると腰の痛みが劇的に緩和されました。(むしろ今までどうして付けていなかったんだ!)

たまに、視界がちかちかして狭まるような日もありました。特に高血圧というわけではないのですが、原因はわからずです。そんなときは、横になりなるべく安静にして過ごすとじきに治ります。(私は小さい頃、たまに片頭痛になっていたのですが、そのときのちかちかからの頭痛に比べれば、比にならないほどのものだったので、耐え忍びました。笑)

妊娠10ヶ月(現在)

お腹はひととおり大きくなったという感じです。

相変わらず胎動キックは鋭利です。

しかし、もう妊娠39週だというのに、お腹がほとんど張りません。もともと、お腹が痛くなることはほとんどなく、生理痛もないような強いお腹だからでしょうか、、?

私の母もなかなか陣痛が来なかった(予定日を過ぎて、微弱陣痛だった)そうなので、私もそんな感じなのかも知れません。

ゆるりとかまえて待っていることにします。

まとめ

ちなみに体重の変化は、妊娠5ヶ月目以降に月に1kgずつ増加するようなペースできています。(現在、妊娠前の体重から+5~6kg程度)

私の場合は以上のような変化でしたが、妊娠での身体の変化は本当に人によって違うと思います。

あまり育児書や世の中の情報に翻弄されすぎずに、おだやかにマタニティライフを過ごしたいですね。